ヒューマンズ・ネットで働こう

ヒューマンズ・ネットの概要

ヒューマンズ・ネットは、業務アプリケーションから組み込み制御システムまで、さまざまな業種のさまざまなシステムを幅広く開発しているシステムインテグレーション企業です。
また、近年は自社ブランドのソフトウェア開発にも取り組み、創業15年目にあたる2011年には、自社製品第一弾の販売を開始しました。ヒューマンズ・ネットの新しい事業の柱として、自社ソフトウェア部門の強化に取り組んでいます。

ヒューマンズ・ネットの特徴

独立系で創業20年、若手が働きやすい会社です。

ヒューマンズ・ネットは、代表の柴崎が1997年に自己資本で立ち上げた独立系のシステム開発会社です。2000年度初頭の平成不況や2008年のリーマン・ショックを乗り越えて、順調に業績を伸ばし、2016年で20年目を迎えました。

業績向上に伴って新卒採用を積極的に行い、会社の規模を拡大してきました。新卒入社の比率が半分以上を占め、会社の年齢のみならず、社員の平均年齢も35歳(2016年4月時点)とまだ若いのが特徴です。ヒューマンズ・ネットには、若手が思う存分働ける環境があります。

ヒューマンズ・ネットは独立系企業です。会社の将来を担う管理職のポストは、社員に対して広く開かれています。皆さんの頑張り次第で、経営の中核を担うことも夢ではありません。技術だけでなく経営にも関心があるという方は、ぜひヒューマンズ・ネットの門を叩いてみてください。

社員同士の仲がいい会社です。

ヒューマンズ・ネットは、慰安旅行やレクリエーション活動、各種クラブ活動に力を入れています(「福利厚生」参照)。 クラブは、ゴルフ部、フットサル部、ボーリング部、釣り部の4つがあり、各クラブに20~30人が所属して交流を深めています。中でもボーリング部は、健康保険組合主催のボーリング大会で何度も優勝した経験を誇ります。 社員同士が仲良く働き、仲良く遊ぶのが、ヒューマンズ・ネット流の働き方です。

福利厚生

慰安旅行
年末忘年会を兼ねた一泊社員旅行。豪華賞品が当たるビンゴ大会が社員に好評です。
レクリエーション
地引網、ボーリング大会、各種スポーツ大会
クラブ活動
ゴルフ部、フットサル部、ボーリング部、釣り部
健康・医療
健康保険組合に加入しています。健康診断や医療補助を受けられるとともに、
健保組合所有の保養所・施設を利用することができます。

ソフトウェア開発
後援会向け名簿管理システム「積小為大」
奉行シリーズ